TOP > ビジネス環境情報 > 産業別ニュースストック

ビジネス環境情報

産業別ニュースストック

過去に掲載されたニュースを左記の産業別カテゴリーに分類し掲載しております。

※各ニュースに掲載しておりますURLは各ニュースサイトの都合によりリンク切れとなる場合がございます。予めご了承ください。

【消費財、サービス、ヘルスケア、IT】-IT

UAEの電気通信会社Duはドバイのアル・カドラ(Al Qudra)地区に新しい通信ネットワーク拠点を開設したと発表した。75千平方mの地域をカバーする。
ドバイ電気水局(DEWA)のデータハブ部門(MORO)はデータビジネス支援会社SAPとデータ管理業務の了解覚書(MOU)を締結した。
UAEの電気通信会社1位と2位のエティサラット(Etisalat)とデュ(Du)2社の2017年第1四半期の売り上げ合計が国内市場107.6億Dhの67.2%、73億Dhを記録した。
UAEの電気通信会社エティサラット(Etisalat)は2017年第1四半期の純益が前年同期比5%増の20億Dhであったと述べた。しかしながら連結売上高はエジプトの為替変動の影響で前年同期比3%減の125億 Dhであったとも述べた。
アブダビの通信プロバイダー・エティサラット(Etisalat)はヤス島観光客に迅速なインターネット環境を提供するWi-fi整備にディベロッパー・ミラル(Miral)と合意書を締結した。
ドバイのモジュラーデザイン及びオフサイト建設会社DuBoxはアブダビで開催中の世界製造工業化サミット(GMIS)で国内初の3Dプリンター技術でのコンクリート部品を蘭アイントホーヴェン(Eindhoven)大学及びWitteveen+Bos社と協同で展示した。
(同記事)
世界最大のインターネット通販会社アマゾン(Amazon)は同中東最大のスーク・コム(Souq.com)を買収したと述べた。価格は明かされなかったが最終競り合ったエマール・モール(Emaar Malls)の提示額8億$前後の模様。スーク・コムは8.4百万点の品揃えを有す。
世界最大のインターネット通販会社アマゾン(Amazon)は同中東最大のスーク・コム(Souq.com)を買収したと述べた。価格は明かされなかったが最終競り合ったエマール・モール(Emaar Malls)の提示額8億$前後の模様。スーク・コムは8.4百万点の品揃えを有す。
ドバイ・シリコンオアシス局(DSOA)は電気自動車普及促進の為統合技術自由区公園内に給電設備を3月22日から年末迄無料で利用できる新構想を開始した。
ドバイのモジュラーデザイン及びオフサイト建設会社DuBoxは次週アブダビで開催される世界製造工業化サミット(GMIS)で国内初の3Dプリンター技術でのコンクリート部品を蘭Eindhoven大学及びWitteveen+Bos社と協同して展示すると述べた。
UAEの通信会社EtisalatグループのCEOはバルセロナで開催のモバイル・ワールド・コングレス2017の間インタビューに答え同社は2017年UAE全域での基盤整備とモバイル通信網を拡大する為30億Dhを投資すると述べた。
UAEの通信会社Etisalatグループは典エリクソン(Ericsson)と2017年中東全体を対象に地域初の統一配信ネットワーク(UDN)プラットフォーム設立の戦略的提携合意書を締結した。
UAEの通信会社Etisalatグループはワイアレス通信技術の世界的先進会社、米クアルコム(Qualcomm)テクノロジーと次世代ネットワーク技術開発推進の為戦略的提携に合意した。2019年早期に次世代5G移動通信ネットワークの標準化を目指すもの。
ドバイ・シリコン・オアシス局(DSOA)はドバイ・シリコン・オアシス(DSO)の一環としての集積スマート都市プロジェクト・シリコンパーク15万平方m13億Dhの礎石設置式典を行った。
ドバイTECOMグループのドバイ・サイエンスパークはBelhasaインターナショナル社と提携してインタラクティヴな革新的ビジネスの為の空間を提供するウェアハウス・フェイズ2のプロジェクトを開始すると述べた。
光ファイバー海底ケーブルで各国を結ぶ16ヵ国から成るSEA-ME-WE 5(南東アジア–中東–西欧5)コンソーシアムに資本参加しているUAE電気通信会社Duは当該ケーブル工事5億$以上を要する全長2万kmが計画通り進捗していると述べた。
独シーメンス社とアブダビ政府所有ムバダラ開発社は中東北アフリカ地域での3D印刷の商機開発、普及促進の契約を締結した。シーメンス社は独で3D印刷による産業用ガスタービンや鉄道車両等の部品を製造している。
UAEの電気通信会社Etisalatとオンタイムグループは中小企業の新規事業立ち上げを支援する了解覚書(MOU)を締結した。Etisalatは2015年にハロービジネスを開始しておりオンタイムとの提携は新規事業の起業初期の通信サービス提供やアクセスし易さを支援する。
ドバイ未来財団と米多国籍ソフトウェア会社Autodeskは了解覚書(MOU)を締結し地域の3D印刷分野のスタートアップ及び発展の為の起業やビジネスに対し支援するAutodeskの1億$基金を運用する財団を設立することに合意した。
UAE電気通信会社Duは8月単月でWiFi UAEに25万人のユーザーから150万近くのセッション接続が有ったと述べた。接続時間は約半分の44%が11-30分で32%が6-10分で有った。WiFi UAEは今年末迄に350以上のWiFi接続可能場所を整備するとも述べた。
ドバイ・シリコンオアシス局(DSOA)はエミレーツ・インテグレート電気通信会社Duと第5世代(5G)のモバイル・テクノロジーと物のインターネト化 (IoT:Internet of Things)開発の提携を発表した。
ドバイ市庁は第36回GITEXテクノロジーウィークで世界最大の人工島パーム・ジュメイラの安全確保の為の早期警戒システム、土地の移動及び海面の変動を監視するスマートシステムを発表した。
ドバイ電気水局(DEWA)はモハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム太陽光公園の研究開発センターの一部としての3D印刷研究室ビルの設計・建設契約にConvrgnt Value Engineering LLCをアワードしたと述べた。
ドバイ政府の通信専門会社Nedaaはドバイパーク・リゾートの統合無線通信プロジェクト契約にアワードされた。1,000基のエアバス無線端末、地上波長距離電話、地上基盤無線、専属移動無線ネットワーク、部内通信ネットワーク等を含むシステムの構築。
UAEの電気通信サービス会社EtisalatとDuが米アップル社のスマートホン最新機種iPhone 7とiPhone 7プラスを9月17日からUAE国内で販売開始した。
(同記事)
UAE副大統領兼首相・ドバイ首長シェイク・モハメッドは連邦破産法最終草案がUAE内閣に承認されたと述べた。
韓国サムスンの子会社サムスン・ガルフはUAEで発生したスマートホン新機種ギャラクシー・ノート7のバッテリー発火事故に対し顧客に新しいノート7との交換か別機種ギャラクシーS7エッジとの交換又は払い戻しの3つのオプションを示した。
機内エンターテインメント、インターネット接続機器等の製造・販売・メンテナンス会社パナソニック アビオニクス社とアブダビの宇宙通信会社 Yahsat社が今後3-5年間に中東地区で多様な移動体へのブロードバンド接続の新方式開発の了解覚書(MOU)を締結したと述べた。
ドバイ海洋市局(DMCA)は「スマート・ウェザー」と言う気象情報を提供する新しいオンライン・ポータルサイトを開設したと述べた。
International Data Corporationのアナリストによれば2016年の中東アフリカ地域(MEA)でのインターネット関連投資は前年比17.86%増の66億$(240億Dh)になるとの予測、2015年は56億$だった。UAEは23.74 %増の4億3,680万$、2015年は3億53百万$。
マイクロソフト社がドバイに最先端の卓越した石油・ガスセンターを開設した。同センターは中東アフリカ地域最大で石油・ガス分野の各組織のデジタル化を促進しプロセスの最適化や経費節減に寄与するとしている。
2016年10月16-20日の間ドバイでGitex Technology Weekが開催される。中東・北アフリカ地域最大の技術情報交換展示会としておりロボット及びドローン技術が如何にサプライチェーンに変革を及ぼすかのデモを始め多数の参加を見込み2016年の同分野市場2,129億$規模を見込んでいる。
(同記事)
CEOは2010年中東地区売り上げは300-400百万$だったが昨年は30億$(約110億Dh)で今後段階を踏んで成長を継続すると語った。
アップル社のCEOが21日初のインド公式訪問後ドバイを電撃訪問し店舗で顧客や従業員と接した。同社は昨年ドバイとアブダビに初の小売店舗を開業している。
UAEの首長国電気通信社(Etisalat)が国際業務と国内業務を分離する等の合理化推進の為持ち株会社を設立し各業務別の子会社化等の組織見直しを検討中。
UAEの通信会社Etisalatが2016年第1四半期純益は前年同期比8%減の20億Dh(544.6百万$)になったと発表した。前年同期は21.8億Dh。
ドバイ保健局は医療観光に関して健診、旅行、医療、ビザ等の情報提供を1クリックで閲覧出来る世界初のインターネット・ポータルサイト開設を発表した。医療パッケージは健診、コスメ、歯科、眼科、整形外科、物理療法等の専門診断を含み、2020年迄に50万人以上の国際的な医療観光客招致を目標としている。
(関連記事 アブダビ・ビジネスニュース #300)
ドバイ・シリコン・オアシス局(DSOA)は2015年のドバイ・シリコン・オアシス(DSO)に対する投資総額は36億Dhに達したと述べた。DSOはスマート・シティ2021の成長目標に沿い開設され参加企業は欧州32%、アジア24%、中東北アフリカ(MENA)22%、北南米11%、等となっている。
ドバイ・シリコン・オアシス局(DSOA)は2015年のドバイ・シリコン・オアシス(DSO)に対する投資総額は36億Dhに達したと述べた。DSOはスマート・シティ2021の成長目標に沿い開設され参加企業は欧州32%、アジア24%、中東北アフリカ(MENA)22%、北南米11%、等となっている。
UAEの通信会社DuとUAEブランド・ゼロ1が最新の通信技術LiFiのデモンストレーションに成功した。LiFiは電波の代わりに発光ダイオードLEDを使う無線光学ネットワーク技術で従来のWiFiの100倍の通信速度と言われ2021年迄には世界市場規模800億$(2,930 億Dh )になると期待されている。
ドバイのスマートシティ構想に沿い昨年太陽電池稼働でスマートフォンに充電や通信サービを提供するスマートパームを2020年迄に400基設置する計画を発表していたD Idea Media社が今回公共ビーチや公共の場所を掃除し太陽発電充電器に完全自動で戻り自己充電する自動掃除機スマート・タートルの計画を発表した。
UAE最大手通信会社Etisalatが3月9日の取締役会で詳細発表はないがCEO辞任とリストラ計画を決定した。リストラ計画は6月迄に完了予定でそれ迄の新アクティングCEOが任命された。同社昨年の連邦利権料支払い後純益は前年比4%減の83億Dh(23億$)。
ドバイ商工会議所はIBMと共同でドバイ・デジタル・企業家精神ハブにオンライン・コミュニティを開始する為のチームを設立すると述べた。企業家精神ハブは企業家、開発者、ベンチャービジネス投資者、学生等で構成される。
シスコ(Cisco)UAEの社長が今後5年間のドバイでの総インターネット化IoE(internet of everything)は49億$の経済効果と価値をもたらすだろうと述べた。内37億$は民間部門から12億$は公共部門から又全世界では今後10年間で19兆$以上に成るだろうとも述べた。
UAE第2位の通信会社Duが2015年第4四半期の純益が10.1%下降したと発表。REUTERS試算では前年同期512.7百万Dh比減で461.0百万Dh(125.5百万$)。同社は2007年にEtisalat社独占を破り設立された。2015年利益は前年21.1億Dh比減の19.4億Dh、収入は前年122.4億Dh比微増123.4億Dh。
アブダビの通信会社Etisalatが2015年第4四半期の純益は前年比2.7%増を計上と発表した。REUTERS試算によれば23.2億Dh(632百万$)前年は22.6億Dh。2015年利益は82.65億Dh、2014年は86.01億Dh。同社は中東・北アフリカ地区18ヶ国で直接間接に営業している。
UAE第2位の通信会社Duが2015年第4四半期の純益が10.1%下降したと発表。REUTERS試算では前年同期512.7百万Dh比減で461.0百万Dh(125.5百万$)。同社は2007年にEtisalat社独占を破り設立された。2015年利益は前年21.1億Dh比減の19.4億Dh、収入は前年122.4億Dh比微増123.4億Dh。
UAEの通信会社Duがドバイで開催中の世界政府サミットで今後3年間に1,000以上のデジタルプロジェクトを推進していくと述べた。プロジェクトはドバイのインターネット整備戦略の一環で政府及び公共のデジタル情報収集及び連携を深める為電化製品、ソフトウエア、センサー、ネットワーク等を結ぶもの。
UAEの通信プロバイダーDuはスウェーデンのmyFCと新しい燃料電池チャージャJAQの独占販売・物流・マーケティング契約に合意したと述べた。Duは第2四半期からUAE全域で販売開始予定。
コンサルティング・ユーロモニター・インターナショナルの調査によるとUAEのインターネット小売販売が急増を示し、2015年6億53.4百万$が見込まれ2019年迄には14億$に達するとしている。
UAE電気通信規制局TRA (Telecommunications Regulatory Authority of the UAE)が国内ドメイン登録数が年率40%の増加で175千以上に達したと述べた。ランク1位はEtisalat でシェア 71.5%、2位Instra Corporation7.6%、3位AEServer4.2%等となっている。
電話通信会社Duがアブダビ・システム情報センターADSIC(Abu Dhabi Systems and Information Centre)とスマートシティ及びスマートアプリに関する提携契約を締結した。
アブダビ政府投資会社MubadalaはIBMとの合弁で認識技術(人工知能)を扱うIT会社Cognit Technology Solutions社の設立を発表した。同社は今後数年間にUAE及び中東・北アフリカ(MENA)の産業、特にヘルスケア、教育、石油・ガス、航空等へ認知システムとその活用を普及させる事を目指すとも述べた。
UAE第3四半期の携帯電話加入数が前年同期比3.72%増の16.37百万台に達した。通信会社別では第1位のEtisalatが9.35%増の9.7百万台・前年8.87百万台、第2位のDuが3.06%増の7.28百万台・前年7.51百万台。
UAE第1位の通信会社Etisalat が携帯機器からインターネット接続する高速WiFi施設をUAE国内に250以上設置し無料サービスを開始した。
UAE第2位の通信会社Duが第3四半期の純益が前年同期558.7百万Dh比12.3%減の489.8百万Dh (133.4百万$)になったと発表。同収入は30億5千万Dh、前年は30億3千万Dh。
ドバイのAstroLabs社が中東北アフリカ地区で唯一グーグルと提携関係にあるtech hub社とハイテク起業の為のDubai Multi Commodities Centre (DMCC)を立ち上げた。施設は6,500平方フィート、第1フェーズは手数料1,500~3,000Dh/月で100以上の起業を引き受け、共同作業空間及び教育空間をコンセプトにハイテク起業の成長加速を支援する。
UAEの通信プロバイダーEtisalatが全ての前払い顧客に対して1,000Dhの手数料で覚え易い選べるプレミアム携帯番号と3GBのデータ容量6か月間無料サービスの提供を開始すると発表した。
UAE財務省MoFは政府サービスに対する支払いをE-ディルハム・モバイル・ウォレットからできるスマートフォン・アプリを開始すると発表した。電化及びスマート政府を目指す国策に沿い確実、簡易、迅速、便利な電子支払いをインターネットや携帯から行うもの。
中国のAlibabaとドバイの Meraas Holding が新合弁で2016年前半にドバイにデータセンターを開設すると発表した。両社は既に2015年初から中東地区をカバーするビッグデータ・クラウド・コンピューター・サービス合弁会社 Yvolv を立ち上げている。
アブダビの通信会社Etisalatはサービス向上の為UAE内に9のデータ・センター稼働開始を発表した。同社は2010年~2015年にかけての250億Dhの投資計画を既に示しており同センターはアブダビ、アル・アイン、ドバイ、フジャイラ等に位置し400TBの能力。
10月18日~22日の間ドバイ・ワールド・トレード・センターで開催される第35回Gitex テクノロジー週間に62ヶ国3,600社以上が参加を予定している。今年のテーマは「The Internet Future of Everything」で革新の柱、クラウド接続、ビッグ・データ、モビリティーとセキュリティー等を展開する。
10月18日~22日の間ドバイ・ワールド・トレード・センターで開催される第35回Gitex テクノロジー週間に62ヶ国3,600社以上が参加を予定している。今年のテーマは「The Internet Future of Everything」で革新の柱、クラウド接続、ビッグ・データ、モビリティーとセキュリティー等を展開する。
米アップルの新型携帯アイフォン6Sと6Sプラスが10月10日からUAEで発売開始される。同時にバーレーン、ヨルダン、クウェート、カタール、サウジアラビアでも開始される。
UAEの通信会社Emirates Telecommunications Corporation (Etisalat)の株式の外国資本への開放が9月15日から開始された。全株の20%迄、議決権無し。
UAE第2位の通信会社Duが2015年前半の暫定配当を1株当たり合計0.23フィルス総額10億5千万Dhに決定したと発表した。
クウェートの通信会社Hits Telecom Holdingの子会社Qanawat社がUAE第2位の通信会社DuとUAE国内での共同配信業務契約にサインしたと発表した。本契約は将来的にはGCC域内でのネットワーク作りも戦略としているとも述べた。
UAE国営通信会社Etisalatが9月15日から株式を外国機関投資家に開放すると取締役会で決議した。従来はUAE国籍のみの株主で外国勢は排除されていた。本年6月同社は20%迄外国勢に開放するが議決権は与えないとも語っていた。
UAE国営通信会社Etisalatが9月15日から株式を外国機関投資家に開放すると取締役会で決議した。従来はUAE国籍のみの株主で外国勢は排除されていた。本年6月同社は20%迄外国勢に開放するが議決権は与えないとも語っていた。
ドバイのシリコンオアシス局Dubai Silicon Oasis Authorityと湾岸マイクロソフト社Microsoft GulfがマイクロソフトビズパークMicrosoft BizSparkのプログラムからソフトウェアやサービスを受けられるMOUを締結したと発表した。
AE第1位のテレコミュニケーション会社Etisalatは株の20%迄を外国資本に開放するが議決権は開放しないと発表した。同社の独占は7月第2位Duの参入以降崩れ競合関係となったが経営規模には依然Duと2倍の差が有る。
UAE第2位の通信会社DuがインターネットとTVパッケージの固定回線を従来ドバイの一部地区のみのサービスに制限されていたが全国規模に整備し第1位のEtisalatとの競争が7月から開始された。
UAEでのサムソン携帯電話のメイン代理店Eros GroupのCEOがGulfNewsに、新発売のS6及びS6エッジの最初の割り当て22,000台は発売開始2日間で完売し、次の入荷待ちの状況と語った。
アップルが新発売するウェアラブル端末アップル・ウォッチの公式発売日は日本、米国、中国など9か国は4月24日とされているが、UAEは1日遅れで発売される見込みである。昨年9月のiPhone 6の発売ではUAEは1週間遅れであった。
自宅のインターネット利用者はこれまで居住地区によって通信回線業者Etisalatまたはduのいずれかに限定されていたが、今年からいずれかを自由に選ぶことができる。携帯電話の番号相互乗り入れが始まって以来、両社の競争が激化、小売部門に強かったduが家庭部門に強いEtisalatに対抗する形となる。
UAEとエジプトは5千万エジプトポンドを投じて情報通信技術(ICT)分野で1万人の雇用を創出するための訓練事業について合意文書を交わした。訓練プログラムは4期に分かれエジプトの26の行政区で10万人の求職者を対象に実施される。UAEによるエジプト開発基金は住宅、教育、ヘルスケアなど多岐に及んでいる。
UAEのスマートフォンのシェアは第3四半期が76.47%であり、第4四半期には78%になると見込まれる。メーカー別ではSamsungがトップの37%、次いでApple12%、Lenovoが10%である。価格が3分の1の廉価品は6%のシェアである
通信企業Etisalatによる中小企業(SME)向けの新サービス「Business Quick Start」が始まった。高速ブロードバンドのインターネットで、月額使用量は900ディルハム以下である。EtisalatではこれによりSMEの通信費用は25%以上削減できると説明している。
アブダビ・メディア・サミットが開催され、通信規制庁のAl Ganem長官は情報通信技術(ICT)に新しいビジネスモデルが必要であると説いた。パネルディスカッションではアラビア語コンテンツの重要性が取り上げられ、日本の上場企業が料理レシピ会社Shahiya.comを1,300万ドル以上で買収したケースが紹介された。
■UAEでは第2四半期のスマートフォンのシェアは登録ベースで57%に達した。機種別ではNokia、Samsung、Apppleが三強であるがトップのNokiaはシェアを4%落とし、2位Samsung及び3位Appleのシェアはそれぞれ22.5%と10%である。4位以下はBlackberry、LG、HTCとなっている。
Dubai Internet Cityの創立15周年を記念する式典でMohammed UAE副大統領兼ドバイ首長は、イノベーションの重要性に触れ、彼自身のモットー「リスクを取らないことこそ最大のリスクである」と説いた。
Dubai Internet Cityの創立15周年を記念する式典でMohammed UAE副大統領兼ドバイ首長は、イノベーションの重要性に触れ、彼自身のモットー「リスクを取らないことこそ最大のリスクである」と説いた。
■Dubai Internet Cityの創立15周年を記念する式典でMohammed UAE副大統領兼ドバイ首長は、イノベーションの重要性に触れ、彼自身のモットー「リスクを取らないことこそ最大のリスクである」と説いた。
■アブダビ経済開発局(ADDED)と通信企業Etisalat社はADDEDの通信サービス機能を強化するためのMoUを締結した。Etisalatは情報の効果的な流れのためのソリューションを開発し、ADDED及びアブダビ・ビジネス・センター(ADCB)などADDEDの関連企業に提供する。
■アブダビ経済開発局(ADDED)と通信企業Etisalat社はADDEDの通信サービス機能を強化するためのMoUを締結した。Etisalatは情報の効果的な流れのためのソリューションを開発し、ADDED及びアブダビ・ビジネス・センター(ADCB)などADDEDの関連企業に提供する。
携帯通信企業Etisalatはマイクロソフト社とglobal framework協定を締結、マイクロソフトの”Mobile First, Cloud First”戦略をベースに通信障害を減らすYammer, Lync, SharePointなどのツールを世界規模で利用する。
■携帯通信企業Etisalatはマイクロソフト社とglobal framework協定を締結、マイクロソフトの”Mobile First, Cloud First”戦略をベースに通信障害を減らすYammer, Lync, SharePointなどのツールを世界規模で利用する。
■アブダビ食品規制庁(ADFCA)は UAE市民に対する継続的に安全な食品の供給を目指して富士通とITソリューションを利用する戦略的提携関係を結んだ。これは富士通が公表したものであり、オラクル社のOracle Business IntelligeceプロジェクトによりADFCAは顧客に合った商品を紹介するシステムCRM(Customer Relationship Management)を実現することができる。
アブダビでは携帯電話のアプリによりわずか2分でビジネスを始めることができるようになる。アブダビ経済開発局(DED)のAbu Dhabi Business Centre app を使えばオンラインで起業のために必要なすべての手続きができる。DEDのAl Nuaimiマネージャーはアブダビが世界で五指に入る地位を目指すと述べている。
UAEの2013年のIT市場規模は157.5億ディルハムであり2018年までは年率8.47%で伸びる見通しである。IT市場の内訳はハードウェアが52%、ITサービス30%、ソフトウェア18%である。IT技術の吸収能力ではUAEは世界148カ国中の4位とされている。
UAEの2013年のIT市場規模は157.5億ディルハムであり2018年までは年率8.47%で伸びる見通しである。IT市場の内訳はハードウェアが52%、ITサービス30%、ソフトウェア18%である。IT技術の吸収能力ではUAEは世界148カ国中の4位とされている。
■低価格で高機能の中国One Plus社の製品OnePlus Oneがスマートフォン市場で人気を博している。299ドルのOnePlus Oneは同機能のSamsung Galaxy S5の半値以下であり、消費者から驚きをもって迎えられている。高価格機能帯ではiPhone 6が売れ筋で小売希望価格2,599ディルハムに対し市場では4,500ディルハムの値が付いている。
■低価格で高機能の中国One Plus社の製品OnePlus Oneがスマートフォン市場で人気を博している。299ドルのOnePlus Oneは同機能のSamsung Galaxy S5の半値以下であり、消費者から驚きをもって迎えられている。高価格機能帯ではiPhone 6が売れ筋で小売希望価格2,599ディルハムに対し市場では4,500ディルハムの値が付いている。
■International Data Corp(IDC)の調査レポートによれば、今年第2四半期にMENAには390万台のタブレット端末が出荷されたが売れ行きは2%落ちている。地域の消費者はタブレット端末よりも新型モバイルに関心が強いようである。Samsungは二桁台の減少に苦しんでいるものの市場をリードする862,000台を売り上げ、2位のAppleのiPadは622,000台、Lenovo42万台である。
■アップル社が4年ぶりの新製品スマート・ウォッチを発表する。同社の株価は1%、99.44ドルに上昇した。iPhone 6は液晶画面が既存の4インチから5.5インチと4.7インチにサイズアップした。これによりGoogleのシェアを奪いそうである。アップルが250ドルのiWatchを3千万台売ることができれば同社にとって75億ドルの収入増となる。
■ビジネス特化ソーシャル・ネットワーキング・サービス大手のLinkedInが12万人のフォロワーに対しUAEで最も影響力のあるブランド名を尋ねたところ、トップはEtihad航空、2位はエミレーツ航空であった。これに続くのがドバイのJumeirah Group、さらにCleveland Clinic Abu Dhabi。5位Emaar、6位Etisalat。
■Nielsen社の調査に対しUAE回答者の半数は今後6カ月以内に各種商品をオンラインで購入すると答えている。品目では航空チケット(57%)、ホテル予約(48%)、イベント・チケット(43%)など。2011年以来e-commerceは化粧品が5%増えて19%に、食料品は7%増の18%。UAE回答者の53%はオンライン・ショッピングを利用しており、これは世界平均の44%を9ポイント上回っている。
■パナソニック・ミドルイーストの脇田支配人がKhaleej Times のインタビューに応じ、UAEで年内にスマートフォンを発売すると明かした。同社スマートフォンのOSはアンドロイドであるが、Windows Phone OSも並行発売する計画である。脇田氏は先行発売したインドでの売れ行きが好調で第1四半期だけで1,759万台を販売したと語った。
■中東地域はサイバー攻撃に晒され特にUAEではダウンしたコンピューターの台数が最高である。コンピューターセキュリティ会社Symantecは、DragonFlyと称される新型ウィルスが世界の石油・天然ガス産業のシステムを長期かつ巧妙に攻撃していると警告した。UAEでは昨年7月以来毎月多くのウィルス感染例が発見されており、昨年末には50万台に達したが、コンピューター所有者の90%は感染したことに気づいていなかった。マイクロソフト社によれば中東ではオペレーションシステムの感染度は世界平均の2倍を上回り1,000台当たり13台の割合で感染している。
■PCに対するサイバー攻撃が激しくなっている。その多くは画面が消えるなどの被害であるが、アラムコやRasGasなどの石油ガス産業が狙われたような別種のタイプもある。セキュリティーソフト会社シマンテックによるとウィルスに感染したPCがシステムにアクセスする場合に金銭を要求されるRansomwareと呼ばれる「身代金型ウィルス」は昨年に比べ5倍に激増している。Kaspersky SecurityはMENAで65万台が石油ガス産業を中心にransomwareに感染したと伝えている。
■教育現場でMuhammed Bin Rashid Smart Learning Program(MBRSLP)と呼ばれるスマート・ラーニング・プログラムが普及しつつある。2014年度はUAE全体で2.5万人の生徒がプログラムを受講、442のクラスに11,548台のタブレットが配布された。2017年度までに全教室でプログラムが実行される予定。
■通信会社Etisalatは国内外におけるスマートフォンの盗難或いは事故による被害に対処できる域内初のスマートフォン保護プランを売り出した。AXA保険と提携し、費用は6カ月で120AED、12か月の場合はAED250。Etisalatの機種を新規に購入した場合に限られる。
■教育現場でMuhammed Bin Rashid Smart Learning Program(MBRSLP)と呼ばれるスマート・ラーニング・プログラムが普及しつつある。2014年度はUAE全体で2.5万人の生徒がプログラムを受講、442のクラスに11,548台のタブレットが配布された。2017年度までに全教室でプログラムが実行される予定。
■通信会社Etisalatは国内外におけるスマートフォンの盗難或いは事故による被害に対処できる域内初のスマートフォン保護プランを売り出した。AXA保険と提携し、費用は6カ月で120AED、12か月の場合はAED250。Etisalatの機種を新規に購入した場合に限られる。
■国連が2年毎に行っているe-Government Survey 2014は世界193カ国の政府オンラインサービスをランク付けしたものであるが、この調査でUAEはGCC6カ国中の2位、アジア7位にランク付けされた。バハレーンが世界18位、UAEは世界32位であった。その他のGCC諸国ではサウジアラビア36位、カタール44位、オマーン48位。
■アブダビの衛星通信企業YahSatが運営する衛星ブロードバンドサービスYahClickの利用者は3万人を超えた。利用者の60-70%はアフリカ地域である。YahClickは2012年にサービスを開始、昨年末現在の利用者は14カ国、2万人に達している。YahSatは2011年4月に1号衛星、その1年後に2号衛星を打ち上げ、そして先月には第3号衛星打ち上げ計画を発表している。
■UAEの「情報・通信テクノロジー(ICT)戦略2021」が閣議了解された。これはICT開発委員会が起案したものであり、同委員会では情報のスピード、質、費用、インフラ、雇用等について2021年に向けた36の戦略目標を掲げている。これにより2014年から2021年までの間に45,000人の雇用創出が見込まれている。
■無線による住宅の無人保安システムの導入が検討されている。個人住宅に設置された自動遠隔警報装置をアブダビ警察本部のオペレーションルームと直結し24時間体制で住宅を見守る。家人が不在等の場合の空き巣予防にもなる。
無線による住宅の無人保安システムの導入が検討されている。個人住宅に設置された自動遠隔警報装置をアブダビ警察本部のオペレーションルームと直結し24時間体制で住宅を見守る。家人が不在等の場合の空き巣予防にもなる。
■Mubadalaの子会社で通信衛星を運用するYahsatは、2016年に第3号衛星を打ち上げると発表した。これにより新たに17カ国、6億人の利用者増が見込まれる。Yahasatは通信衛星会社としては世界8位である。会社の歴史は浅いが従業員の57%はUAE国籍である。