TOP > ビジネス環境情報 > 産業別ニュースストック

ビジネス環境情報

産業別ニュースストック

過去に掲載されたニュースを左記の産業別カテゴリーに分類し掲載しております。

※各ニュースに掲載しておりますURLは各ニュースサイトの都合によりリンク切れとなる場合がございます。予めご了承ください。

【消費財、サービス、ヘルスケア、IT】-ヘルスケア

アブダビの総合サービス会社ムサナダ(Musanada)はアブダビ保健サービス社(SEHA)と共同でシェイハ・シャハボウト(Shakhbout)医療市に184百万Dh(50百万$)のアブダビ・メディカルリハビリテーション・センターの設計コンサルタント契約を2017年7月にアワードする模様。
ジョベル・アリ自由区((JAFZA)はUAE保健予防省と医療及び製薬部門のビジネス障壁を取り除き外国資本誘致促進の為の了解覚書(MOU)を締結した。
ジョベル・アリ自由区((JAFZA)はUAE保健予防省と医療及び製薬部門のビジネス障壁を取り除き外国資本誘致促進の為の了解覚書(MOU)を締結した。
ラス・アル・ハイマの中東北アフリカ最大のジェネリック薬品製造会社ジャルファー湾岸製薬工業(Julphar Gulf Pharmaceutical Industries)は2017年第1四半期に売上高369.3百万Dh、純益44.1百万Dhに達したと述べた。
ドバイヘルスケア市(DHCC)はスイス不動産と提携しドバイ自由区のPhase 2拡大の居住区開発プロジェクトを行うと述べた。ドバイ運河傍のアル・ジャダフ(Al Jadaf)の22百万平
サウジアラビアの中東ヘルスケア社(MEAHCO)はUAEのシャルジャとアジュマンの建設中の2病院を含むサウジ外6病院の10年間の運営管理契約をBait Al Batterjee Medical社と契約締結したと述べた。
アジュマン銀行は、サウジ・ジャーマン病院グループに150床のサウジ・ジャーマン病院アジュマン(SGH-Ajman)建設の融資に合意したと述べた。プロジェクト総経費は3憶27.3百万Dh、完成は2018年予定。
ドバイ空港自由区局(DAFZA)は1月30日から2月2日迄ドバイ世界貿易センターで開催されるアラブ・ヘルス2017展示会へ中東北アフリカ(MENA)始め世界70カ国以上から4,400の主要なヘルスケア会社が参加したと述べた。
日本貿易振興機構(JETRO)は2月2日迄ドバイ世界貿易センターで開催されるアラブ・ヘルス2017展示会への参加を発表した。2010年より参加しており日本パビリオンへは20社が参加予定。
ドバイのアマナットホールディングス社はサウジアラビア・ジェッダで300床の病院を運営する国際メディカル会社(IMC)の株式13.18%を97.01百万$(363.85百万サウジリアル)で取得したと述べた。
UAEのヘルスケア・プロバイダーNMC Healthはガルフ医療プロジェクト社からシャルジャのアル・ザハラ(Al Zahra)病院を20億Dhで買収する申し入れを行ったと述べた。
アブダビのムバダラ開発公社所有のクリーブランド・クリニック・アブダビで最先端3D印刷技術を適用した心臓手術等を2月を最初に過去4件実施したと述べた。
アブダビ・ザイード・スポーツ市のムバダラ所有のマルチ専門病院ヘルスポイントは来年 医療観光客増加を見据え病床とサービスを拡張すると述べた。ムバダラ・ヘルスケア部門は他にインペリアル・カレッジ・ロンドン糖尿病センターとクリーブランド・クリニック・アブダビも所有し2016年前半利益を前年同期18.6百万Dhから77.5百万Dhへ増加させたとも述べた。
UAEの製薬会社ジュルファー(Julphar)は2型糖尿病対応の為2薬剤(Xelevia,Velmetia)の生産を開始すると述べた。2014年世界的製薬会社メルク・シャープ・アンド・ドーム(Merck Sharp & Dohme)社とのライセンス契約に基づくもの。
ドバイヘルスケア市(DHCC)とカンシャーブ投資LLCの共同事業体はアル・ジャダフに予定のクレマンソー・メディカルセンター109百万$(4億Dh)の契約テンダーを2016年12月に出す模様。110床の病院で2017年3月迄には工事開始2018年第4四半期引き渡し予定。
ドバイのDulsco社はドバイ工業団地と共同で最初の医療施設を開業した。3つの工業団地に働く42,000人以上の労働者需要に答えるもの。
UAEの国営リハビリテーションセンター(NRC)の新施設が285百万Dhの経費でShakhbout市にアブダビ総合サービス社(Musanada)によって完成された。敷地面積10万平方メータ7棟のビル169病床。
英国のキングスカレッジ病院はドバイ・モハメッド・ビン・ラシッド(MBR)市のドバイヒルに建設予定の200百万$(734.6百万Dh)の病院の概略設計契約を2016年9月迄に完了させる計画の模様。病院は100床で2018年第4四半期開業予定。
ドバイ保健局(DHA)は医療分野の3Dプリンター戦略で2025年迄に400Dh以下のコストで義肢を作成しドバイが当分野でイニシアチブを取るべく取り組んでいると述べた。
UAEが地域で初、欧州外で世界3番目の心臓手術生中継放送実施国となった。ドバイのラシッド病院心臓科が19日パリで開催のEuro PCR(心臓カテーテル治療欧州協会の公式会議)に手術の生中継放送を行った。
ドバイ病院で初の20分で済む部分角膜移植手術を実施し患者の視力回復に成功したと述べた。
ラス・アル・ハイマのアブドラ・オムラン病院とシャーム病院が近々開業する。病院は50百万Dhの経費でAl MuwailhaとAl Digdagaの間の50万平方フィートの敷地に3階建て15万平方メーターで建設された。
ドバイ保健局DHAは毎週月曜日にGulf Newsに週刊健康特集版をつけて配布すると述べた。特集版は8ページで「より良い健康」と題し最新の健康情報等を伝える。
ドバイ保健局(DHA)は2021年迄に1.3百万人の医療観光受け入れ見通しを述べた。2015年は10億Dh以上の収入が有り今後五年間で年率13%の伸びを期待している。
ドバイ保健局は戦略評議会及び組織改革事務局がドバイ保健戦略2016-2021の実施及び促進の為の15目標の15人のリーダーを公共・民間から任命したと述べた。15目標はケアモデルの革新、予防・健康ライフスタイル、各種医療政策、医療観光、官民パートナーシップ(PPP)融資等。
ドバイヘルスケア局(DHCA)は2015年に発表されたドバイヘルスケア市(DHCC)フェイズ2計画が約40%以上は予定通りで2021年には完成すると述べた。アル・ジャッダフの新運河岸プロジェクト内に2百万平方メータ規模で建設予定、医療観光へのドバイ保健戦略に沿うもの。
ドバイ保健局(DHA)によりラシッド病院内にパーキンソン病専門クリニックが開設したと発表された。
ドバイ・ヘルスケア市(DHCC)は自由地区アリ・ジャダフ・ドバイの第 2フェーズ拡張の一環として初の総合病院をレバノンの医療グループ・クレマンソー医療センターの3番目となる総合病院の建設計画を発表した。
アブダビ保健局(HAAD)はアブダビの5つの公共病院で完全な出産支援体制が整っていると発表した。出産の前後から受け入れ母乳育児の重要性及び効果等の教化・支援等を行うとの事。
アブダビのNMCヘルスケアが昨年の病院の新設や買収による患者数の増加で純益を前年比10.6%増の85.8百万$上げたと表明。収入は36.8%増の880.9百万$。ベッド数は2014年287から87.1%増の537。昨年末医師数は前年比35.5%増の817人。
ドバイ保健局(DHA)がイベントでヘルスケア部門投資家向けスマートツールHASD(Health Accounts System of Dubai)を発表した。同システムは総ての病院、医院、薬局、健康保険会社、関連機関等の財務情報にアクセス可能でより良い意思決定の強化・支援に資する。
NMCヘルスケアがアブダビのカリファ市にUAE最大の私立病院を開業した。病院は200百万$をかけ建設され500ベッド、ロボット工学による完全自動化研究施設等を含む。
ドバイのアスターDMヘルスケアグループが今後4年間でサウジ・アラビアに4ヘルスケア施設を10億Dh以上投資し新設又は買収すると述べた。同グループは昨年末900百万Dhで250ベッド数のリヤド病院の97%に参入している。サウジ・アラビアは医療部門の外資参入に湾岸で一番寛容であり次のヘルスケアの大きな市場になり得る。
UAE保健省はUAEの薬価がGCC諸国で一番安いと述べた。2011年から始めた計画的な薬価引き下げ政策により約80%迄の引き下げに成功。
ドバイ保健局(DHA)によればドバイ及びアブダビの病院・医療施設の医療観光市場は地域では難しい腫瘍、神経外科、心臓等の治療で年間数千人が独、英、米等へ渡航し平均162千Dh(44千$)を支払い又それ以上の人数が主にGCC、他の中東、欧州、アジアから来訪しており600億$以上の規模があるとの事。世界市場としては12-15百万人/年400億$-600億$の規模があるとも。
ドバイ保健局は2,700の公共及び私有医療機関・ヘルスケア施設を通じ全住民の医療・健康データを統合し単一電子データにするシステムを構築すると発表した。新データベース・システムは2018年第1四半期から運用開始予定。
UAEのアスターDMヘルスケアの会長が株式公開又は個別投資家との交渉でマイナーシェア-売却を検討していると述べた。同社は私有企業で湾岸からインドにかけて病院・医院・薬局等を経営している。
アルペン・キャピタル社のGCCヘルスケアレポートによるとUAEヘルスケア市場は2015年から年率12.7%の伸びを示し2020年迄には195億$(716億Dh)に達するだろうとの事。
アブダビ・テレメディスン・センターがUAEヘルスケア需要の増大に応じて著しい役割を果たしていると述べた。同センターはアブダビ国営開発会社ムバダラとスイスのテレメディスン開発会社Medgateの提携で開発されたシステムにより緊急医療以外で来院無しの自宅からの連絡による治療1,700件の対応事例があると述べた。
UAE保健省はジカ・ウイルス感染に対しUAEには感染を引き起こす種類の蚊はおらずパニックになる必要は無いと述べた。同時に感染症の恐れのある地域への旅行及び帰国後の注意事項を述べた。
アブダビのアル・ノア病院グループは南アフリカのメディクリニック・インターナショナルと合併し米国外で世界3位のヘルスケアグループとしてメディクリニック・インターナショナルの社名でロンドンに登記すると述べた。アル・ノアは昨年10月メディクリニックに14億ポンド(22 億$)で買収されることに合意していた。
UAE保健省は世界保健機構(WHO)の指示に従いジカ・ウイルス感染の恐れのある地区へ旅行するUAE住民へ駆除剤、蚊帳、長袖衣類等で蚊への予防措置をとる様勧告すると述べた。
UAE副大統領兼首相・ドバイ首長シェイク・モハメッドが今後5間の健康戦略2021を承認した。健康戦略2021はこの分野の向上と合理化を図る為4主要アプローチ、6目的、15プログラム、93新構想を含む。
アブダビのシェイク・カリファ・メディカル・シティ(SKMC)で米国クリーブランド・クリニックの専門家と共同で自閉症に対する新しい調査・研究を始める検討がなされている。
ロンドンのキングス・カレッジ病院KCHが開催中のアラブ健康展覧・会議の傍ら2018年にドバイに英国外初の独立・完結した支店を開設すると述べた。KCHは1年前アブダビにAl Tayerグループと合弁で最初の病院を開業し更に来年早期にはドバイで複数の施設開業を準備している。
ドバイ・ヘルスケア市の医療・健康科学のモハメッド・ビン・ラシッド大学MBRU(Mohammad Bin Rashid University)が9月から6年課程で全国籍の学生受入れを開始する。学位は教育科学研究省とベルファスト・クイーンズ大学との提携による認可となり、将来的に薬学、看護学、ヘルスケア課程等への拡大計画もある。
ドバイ・ヘルスケア市DHCC(Dubai Health Care City)はヘルスケア戦略に沿いメディカル観光を増加させるべく今後4年間の内に世界最大級の健康センターを建設すると発表した。ワールド・ケア・ウェルネス・ヴィレッジ内ウォーターフロントのフットボール競技場16個相当の土地に予防医療及び生活習慣病対応施設を計画。
アブダビ保健局HAADヘルスケア監査機関が人口増加に応じるには病院のベッド数が2025年迄に2,100床以上必要との声明を出した。又この分野では現状70%が民間の介在でケアされており更に民間の投資を推進する意向とも述べている。
ドバイ保健局DHAとドバイヘルスケア市DHCCがUAEビジョン2021の国家優先課題7年計画に沿い国内及び外国の患者に対するヘルスケア・教育の強化に関し協力する了解覚書MOUを締結した。
アジュマンに国内最大の私立教育病院が2017年迄にThumbayグループにより建設される。病院はアジュマンのアル・ジュルフAl Jurf地区のガルフ・メディカル大学の構内に建設され400ベッドを有する。
UAE保健省は薬局に処方箋なしで抗生物質を売ることについて警告を発した。これは抗生物質の濫用は免疫系の弱体化や感染症を引き起こす可能性が有り世界保健機構WHOの警告に基づくもの。
UAE保健省は142の革新的薬の価格引き下げを発表した。値下げは来年1月1日から2~66%の範囲で実施される。
アブダビの為替、病院、薬局等を商売するAhliaグループがアル・アインに建設予定の100ベッド数のノア・アル・アハリ(Noor Al Ahli)病院の建設に地場のCommodore Contracting社をアワードした。プロジェクトは150百万Dh (40百万$)、敷地33千平方m、納期18ヶ月。Commodore Contracting社はVPSヘルスケアグループのブルジール(Burjeel)病院に次ぐ2番目の契約獲得となる。
VPSヘルスケアグループのブルジール(Burjeel)病院がアブダビに600ベッド数の病院を建設する契約10億Dh(272百万$)に地場のCommodore Contracting Companyをアワードした。建物は8階建て、総敷地10万平方m、納期30ヶ月。
アブダビのVPSヘルスケアは12月8日期限のアル・ノア病院買収を報じられていたがその意思はないと述べた。同病院は既に南アフリカのメディクリニックMediclinic から14 億ポンド(21 億$)のオファーを受けている。
アブダビの医科大学がアブダビ都市計画局から病院及び大学各施設の拡張プロジェクトに承認を得た。
VPSヘルスケアがAL Noor病院買収ビッドを提示する模様。同ビッドは先週NMC Healthが撤回を発表していた。
UAE内閣の決定に従いドバイ・ヘルスケア・シティDHCC (Dubai Health Care City)はそのフリーゾーン内の15の薬局及び100人の薬剤師につき許可証の発行・更新を独自に見直し12月1日からは全登録制にすると発表した。
(参照 11/23 Abu Dhabi News)
NMC HealthがアブダビのAl Noor病院買収のビッドを出していたが評価を巡り同意が成立せず撤回した。
NMC HealthがアブダビのAl Noor病院買収のビッドを出していたが評価を巡り同意が成立せず撤回した。
世界ポリオデーに当たり国際協力開発相シェイハ・ルブナがUAEは過去2年間ポリオ対策に110百万Dh以上の貢献をし更に2018年迄に440百万Dh(120 百万$)を追加すると述べた。
第3回中東北アフリカ脳卒中会議に出席しているラッシド病院の脳卒中科部長がドバイ政府と共同でUAE国内少なくとも14の病院と遠隔医療手段で結び初の遠隔脳卒中治療センターを開設すると述べた。
シャルジャ首長シェイク・スルタンがシャルジャに糖尿病、内分泌器、ガン、ナノメディスン等の為の専門センター設置命令を発布した。この新研究医療施設は最新の機器と専門家を備える。
(関連記事 2015/10/18 Abu Dhabi News)
UAEのNMCヘルスが同じく競合関係にあるアブダビのAl Noor病院グループに合併交渉を持ちかけている。NMCはUAEに8病院と11のヘルスセンターを有し2014年売上げは644百万$。Al Noorグループは3病院と17のメディカルセンター・クリニックを有し2014年売上げは442百万$、傘下にMediclinicを有しドバイを主にUAEに12の医療施設を展開、同時にアフリカ・ヨーロッパでも事業展開している。
UAEのNMCヘルスが同じく競合関係にあるアブダビのAl Noor病院グループに合併交渉を持ちかけている。NMCはUAEに8病院と11のヘルスセンターを有し2014年売上げは644百万$。Al Noorグループは3病院と17のメディカルセンター・クリニックを有し2014年売上げは442百万$、傘下にMediclinicを有しドバイを主にUAEに12の医療施設を展開、同時にアフリカ・ヨーロッパでも事業展開している。
ドバイ健康局によれば2015年前半実績から今年ドバイを訪れる医療観光者は50万人に達する見込み。首長国内1,400ヵ所のヘルスケア施設にUAE内からのみならずGCC諸国、アジア。欧州等からの訪問者を見込んでいる。
ドバイ健康局は2016年-2021年にかけての適正保険制度や医療機器整備等のヘルスケア戦略が本年末より開始され世界水準の体制が達成されるだろうと述べた。
アブダビの民間ヘルスケアプロバイダーAl Noor病院グループがドバイとマスカットに施設を持つRochester Wellnessの買収に合意したと発表した。同施設は2006年に開設され長期療養・リハビリお及び在宅療養等を特徴とし2014年12月迄の9か月間の収入は5.6百万$(20.56百万Dh)だったとも述べた。
ドバイ保健局によると2015年前半の医療観光訪問者が前年同期比12%増の26万人に達した。
40%は国外からの旅客で収入増10億Dhの経済効果があったとの事。
UAE保健省公共保健政策及び許認可局は2016年1月1日から27の製薬会社で生産される188の新薬に付き製薬会社と協力して価格引き下げを行うと発表した。同省は薬価引き下げを2011年から開始しており既に8,000近くに達し更に488の薬をリストアップしている。
アブダビのAl Noor病院グループは2015年前半の純益が44.9百万$ (前年45.6$) 収入は前年比8.5%増の 244百万$ (前年224.8百万$)と発表、2018年末迄にUAE全国に既存及び新設の病院でベッド数を現216から400以上に倍増させると述べた。
ドバイ健康庁Dubai Health Authority (DHA)によれば2015年第1四半期にドバイ医療観光クラブDubai Medical Tourism Club (DMC)所属の16の病院で118千人の患者を受け入れたと発表。46%はアジア諸国、25%はGCC とアラブ諸国、13%はアフリカ諸国、残り16%の大部分は英国とCIS諸国から。
ドバイの健康局Dubai Health Authority(DHA)のDubai病院が先端の患者予約システムを開始すると発表した。これは複数の慢性疾病を持つ患者が同日にその各専門医の診療を受けられる様にする事を狙ったもの。
ドバイの健康局The Dubai Health Authority(DHA)によると2015年前半で171ヵ所の医療施設、医者、看護師等の医療専門家6,139人に許可を与えたとの事。
アブダビの大統領顧問Dr Shaikh Sultan Bin Khalifa Bin Zayed Al Nahyanが英国のProton Partners International and Albans Partners General Trading社と契約締結し、2018年迄にアブダビに中近東アフリカ地域初の最先端の陽子線治療を行う癌センターを建設する見通し。
ドバイの家族ヘルスケアを中心とした私立病院Medeor 24x7 Hospitalがアブダビ中心部に新病院を開業した。ベッド数80。
アブダビ健康局Abu Dhabi health authorityによる最新の患者満足度調査結果が発表された。調査は38千人以上のインタビューも含め医療設備の質に対する満足度は83%で同様の調査での英国76.9%、シンガポール78%より高い数値だった。
UAE最大手ヘルスケアプロバイダーNMCがProVita国際医療センターを160.6百万$で100%買収する計画を発表した。
英国の大手病院 Maudsley Hospital(南ロンドン)がこの夏アブダビで青少年向けメンタルケアサービスを開始する、特に10代及び子供の精神衛生向上、健康増進が主眼と見られる。
アブダビの開発会社Manazel Real Estateはヘルスケア部門への投資を拡大すると発表。2016年最終四半期に始まる総額140億Dh~160億Dh(381百万$~436百万$)規模と試算されるManazel医療複合プロジェクトへの参画を計画している。
Health Authority – Abu Dhabi (HAAD)は5月11~13日の間、開催中のHAAD & MEED Middle East Patient Safety & Quality Congressでヘルスケアの質の向上を目指し首長国内38の公・私立病院を通じ患者のデータベース活用の医療体制Abu Dhabi Healthcare Quality (ADHQI)を開発中と述べた。2014年後半の2四半期間参加している患者から23の指標のデータを収集済み、2015年第一四半期もオンラインで継続した。
アブダビのCleveland Clinic Abu Dhabi (CCAD)に呼吸器科と気管支鏡検査科の2専門医療科が新設され、消化器系、眼科系、循環器系、神経系と合わせ5分野での対応が可能となった。
Cleveland Clinic Abu Dhabi (CCAD)は糖尿病の診断と対処の為の医療専門科を開設した。5月末までにはアブダビに多い関節炎や甲状腺等を含む他の総合的な分野までの拡充が図られる模様。
Sheikha Fatima ‘s Family Development Foundation はアブダビレジデントの老人に対し広範な訪問サービスの提供をSeha and the Health Authorityと検討している旨発表。
UAEの子供の40%近くが肥満または体重過多であるため保健省は4月に「Healthy Restauant」と名付けたキャンペーン活動を実施し、2021年までに子供の肥満率を12%に下げることを目標としている。レストランに子供用健康食メニューを追加するよう呼びかける。
アブダビのヘルスケア部門が今後5年かけて再構築される。アブダビ保健局(Haad)はヘルスケアの質の向上、有能な人材の確保、救急体制の確立、健康情報の体制確立のためのE-Healthプログラムなど中核となる7つの分野で58件のイニシアティブを実施する。
■WHO(世界保健機構)東地中海事務所はGCCの癌患者数が2030年までに150-200%増加すると警告した。ライフスタイルの変化と寿命の伸びが2大要因であるが、75%は発見時に手遅れのケースが多く、5年以内に半数の患者が死亡している。
■センサー付きのインシュリン注入器が登場しUAEの糖尿病患者の悩みが解消される。UAEの糖尿病患者の数は増加し続けており人口の19%に達しているが、これは世界平均の6%に比べ極めて高い。ダイエットを無視した食生活、不足する運動量とストレスに対する自己管理能力の無さが原因である。
■今年末までのGCCにおける新規医療設備契約は昨年比25%増の95.3億ドルと見込まれる。ドバイは2020年までに患者取扱数50万人を目指しており、今後数年間で18の私立病院、4つの公立病院が建設される。2013年のUAEへの医療ツアーの売上は16.9億ドルであった。UAE自身は自国民の海外治療に年間20億ドルを費やしている。またFrost & Sullivanによればサウジアラビアは病院及び医療施設の改良に230億ドルを支出しており、例えばマッカでは17億ドルで1500床のアブダッラー国王医療都市プロジェクトが進行中である。
■早期検診による病気予防をスローガンにアブダビ市内Marina MallにVPS Health Promotion Centreが開業する。韓国ソウルのSt Mary’s Hospital(SSMH)が協力し、MRI、CTスキャン、マンモグラフィーなどの近代設備を備えて1日50人を診断することができる。開業当初のスタッフ75-80名はSSMHから派遣される。VPS Healthcareは今後5年間でドバイを含むUAE各国に検診センターを開設する計画である。
■Al Nool Hospitalは内視鏡による腰椎椎間板摘出手術に成功した。厚さわずか0.5cmの椎間板はこれまで開腹手術で摘出していた。従来の手術では5日間の入院と1ヶ月間のリハビリが必要であったが内視鏡手術は30分と言う短時間で終了した
■アブダビの病院チェーンNew Medical Centre(NMC)は敷地面積7.5万平方メートル、23診療科目、ベッド数250床の新病院をKhalifa Cityに建設中である。総工費7.36億ディルハムで2012年に着工された新病院は来年前半に開業の予定であり、当初は診察室100、ベッド数75でスタートする。Khalifa Cityの他周辺のMasdar City、Al Raha地区、Yas島などもカバーする。
■ハリーファ基金はラマダン中のイフタール・プロジェクトとして180万食を準備していることを明らかにした。イフタール・プロジェクトは今回で7年連続となり、貧困家庭の生活向上を目的とし、またイフタール食配給作業のための自国民婦人達の雇用を推進するよう政府各部門に呼びかけている。
■ムハンマド・アブダビ皇太子はクリーブランド病院を視察し、同病院の治療内容等について詳細な説明を受けた後、UAE政府として保健分野へのあらゆる支援を惜しまないと述べた。
■VPS Healthcareグループの1部門であるBurjeel病院は今後3年間で15億ドルを投入、4つの病院、10の医療センターなどの拡張工事を計画している。その他の私立病院DH Healthcare Group, NMC Health, Al Noor Hospitalなども既に拡張工事中であり、Saudi German Hospitalや南アのMediclinic Internationalなどの国際的なグループも健康医療産業の一翼を担っている。
■GCCは伝染病予防のため出稼ぎ労働者の入国時の検疫を強化する。GCC保健省協議機構は東南アジア諸国に調査団を派遣、各国の派遣労働者健康管理センターを視察した。センターはフィリピン、バングラデシュなど11カ国に298か所ある。GCCで出稼ぎを目指す労働者は220万人に達する。