TOP > ビジネス環境情報 > 産業別ニュースストック

ビジネス環境情報

産業別ニュースストック

過去に掲載されたニュースを左記の産業別カテゴリーに分類し掲載しております。

※各ニュースに掲載しておりますURLは各ニュースサイトの都合によりリンク切れとなる場合がございます。予めご了承ください。

【インフラ:電力、水、公共交通、都市開発、住宅】-住宅

ドバイの不動産開発・観光グループ、旧名SKAIホールディングスで知られるファイブ・ホールディングスはUAE内で手掛ける総額約72億Dh(20億$)の4ホテル及び住宅プロジェクトからバイセロイ(Viceroy)のブランド名を止め2020年迄に子会社のファイブ・ホテルアンドリゾートを使用すると述べた。
ドバイの不動産開発・観光グループ、旧名SKAIホールディングスで知られるファイブ・ホールディングスは総額30億Dh(816.544百万$)の2件のプロジェクトがデザイン段階に有り主建設契約テンダーは2017年と2018年になると述べた。プロジェクトは既存バイセロイ(Viceroy)パーム・ジュメイラと同バイセロイ(Viceroy)ドバイ・ジュメイラヴィレッジで先週発表の不動産投資信託(REIT)に資産として含まれるとも述べた。
ドバイ不動産投資社(DIRC)は総額30億Dh2018年末完成予定の複合開発ミルディフヒルス(Mirdif Hills)プロジェクトの第1フェイズ1,054戸のアパートを含む3アベニューが完成したと述べた。Janayen、Nasayem、Al-Multaqa、街。
ドバイの主要ディベロッパー・ナヒール(Nakheel)はナド・アル・シェバ(Nad Al Sheba)住宅街のモール建設テンダーを出した。期限は2017年8月13日。
ドバイの国際コングロマリットソバハ(Sobha)グループは、ソバハ・ハートランド・マスター開発の一部フェイズ3として2棟の住居ビルプロジェクトを発表した。2019年10月完成予定。
ドバイのワスル不動産管理グループ(Wasl)はエクスポ2020の準備でインターナショナルシティ近くにワルサン(Warsan)プロジェクトとして2.6百万フィートの敷地に接客スタッフ用住居3,866戸のビラを含む26ビルを建設すると述べた。
アブダビのディベロッパー・ブルーム(Bloom)不動産はドバイ全域での総額約270百万$の複数プロジェクト建設契約をアワードしたと述べた。ドバイマリナ地区のステラマリス(Stella Maris)住居ビルプロジェクトに地場建設会社、ジュメイラビレッジサークル(JVC)の複合開発ブルームヘイツ・プロジェクトにビーコン建設(Becon Construction)、ブルームガーデンマスタープランの第4フェイズのファヤ・スキムにEmirates Link Maltauroを夫々アワード等。
シェイク・ザイード住宅計画はシャルジャのAl Seyouh区812戸の住宅地建設のテクニカルスタディテンダーを出した。提出期限2017年6月14日。
UAE最高評議会メンバー・アジュマン首長シェイク・フメイド(Sheikh Humaid)はUAE戦略に沿い基盤開発省の次期開発フェイズ及びシェイク・ザイード住宅計画を見直し2021年のアジュマンの複合住宅プロジェクトを発表した。アル・モンタジ(Al Montazi)に 729戸、アル・ラッキーブ(Al Rakeeb)に306戸の住宅設計建設を含む。
アブダビのブルーム(Bloom)不動産はドバイのゼネラルコンストラクション社からドバイ・マリーナ南端のステラマリス(Stella Maris)住居プロジェクトの主建設契約にアワードされたと述べた。予算規模等は明らかにされず。
アブダビ市庁(ADM)はアブダビ島及びアブダビ本土の住宅地のコミュニティマーケット建設の6プロジェクト529百万Dh(144.03百万$)を民間企業と成約したと述べた。7番目のプロジェクトはカリファ市で15百万Dh(4.08百万$)とも述べた。
ドバイのディベロッパー・エマール不動産はエクスポ2020会場近くの第3街区エマール南地区の2-3ベッドルーム住宅を販売開始した。同地区はゴルフ場隣接の食事、買い物、学校、医院、娯楽、レジャー施設等を含む複合開発地区で2019年12月完成引渡し予定。
アブダビのブルーム(Bloom)不動産はそのフアヤ(FAYA)タウンホームの主建設契約をアワードしたと述べたが契約規模の発表は無かった。FAYAは132のタウンホームから成りBloom庭園住宅地の第4フェイズになるとの事。
ドバイのディベロッパー・ダマク(DAMAC)不動産はそのアコヤ・オクシジン・プロジェクトのマルベリー(Mulberry)ビラ団地の主契約58.4百万Dh(15.90百万$)をアワードしたと述べた。
アブダビのディベロッパー・アルダー不動産はヤス(Yas)島の住宅ビル及びヴィラ開発5億Dh(1億36百万$)のマヤン(Mayan)プロジェクトの主建設契約に地場のGhantoot General Constructionをアワードした。
ドバイのドナウ(Danube)不動産は12日ドバイ皇太子シェイク・ハムダンに承認された新住宅政策に沿い低所得者層向け300百万Dh(81.7百万$)の住宅プロジェクトをアルジャアン(Arjaan)地区で開始すると述べた。
アブダビ政府所有の工業地帯開発会社ゾーンコープ(ZonesCorp)はアル・ワサバ(Al Wathba)南方にラゼーン(Razeen)労働者住宅シティの所有、運営を行う民間投資第1フェイズのテンダーを出すと述べた。25千人収容規模で2017年末迄に使用可能とする予定とも述べた。同社は従来45万人収容規模の28住宅都市開発プロジェクトに110億Dh(30億$)を投資している。
ドバイのインモ(Immo)プレステージ・ホールディング社は2017年第2四半期にドバイマリーナの複合住居プロジェクトの主建設契約170百万$(624百万Dh)のテンダーを出す模様。
ドバイのパシフィック・ベンチャーズ(Pacific Ventures)とキサナドゥ(Xanadu)不動産開発の合弁はメイダン(Meydan)地区に2つの住居プロジェクトを計画していると述べた。費用及び規模は言及せず。
UAEドバイのワスル(wasl)不動産はジョベル・アリの15百万平方フィートの複合開発プロジェクト・ワスルゲートの第2フェイズの一部として住居プロジェクトの主建設契約テンダーを出す予定と述べた。
(同記事)
ドバイ政府の不動産ディベロッパー・ナキールはイブン・バッツータ・モールに直結する850百万Dh(231.4百万$)の55階建住居タワープロジェクトを発表した。敷地は675千平方フィートで279戸のアパートとなり、シネマコンプレックス、多層駐車場、小売店舗等を併設する。
ドバイ政府の不動産ディベロッパー・ナキールはイブン・バッツータ・モールに直結する850百万Dh(231.4百万$)の55階建住居タワープロジェクトを発表した。敷地は675千平方フィートで279戸のアパートとなり、シネマコンプレックス、多層駐車場、小売店舗等を併設する。
ドバイのディベロッパー・ミラ(Myra)不動産はジュメイラ・ヴィレッジ・サークル(JVC)に200百万Dh(54.49百万$)の住居プロジェクトを2017年4月迄には開始すると述べた。
UAE基盤開発省はシャルジャに国籍者及び居住者住宅建設・完了契約をテンダーした。期限は2017年2月26日。
ドバイの主要ディベロッパー・エマール不動産はドバイ中心市街地に55階建て住居プロジェクトを開始し2020年12月迄に完成予定と述べた。同社2016年第3四半期の純利益は前年同期230百万$(843百万Dh)比36%増の310.63百万$(11億4千万Dh)だった。
アブダビのグローバル・ゲイトウェイ不動産はサディヤット島の4億41百万Dh(1億2千万$)の住宅地区開発の主建設契約を2017年2月迄にアワードする模様。31階建て5棟の住居ビル、小売店舗、関連基盤工事等を含み8社が事前評価にリストアップされている。
ドバイ投資社の子会社ドバイ投資不動産(DIRC)は30億Dh規模3.9百万平方フィート1,054戸のアパートを含むミルディフ・ヒルズ(Mirdif Hills)複合住宅プロジェクトの起工式を行った。
アブダビのアルダー不動産は西ヤス島住宅地のヴィラの販売を開始、4-5ベッドルーム住宅600-800平方mで430万Dhから総ての国籍の購入者にオープンであると述べた。
(同記事)
アブダビのアルダー不動産は西ヤス島住宅地のヴィラの販売を開始、4-5ベッドルーム住宅600-800平方mで430万Dhから総ての国籍の購入者にオープンであると述べた。
ドバイのグリーンツリー不動産はドバイ中心街の住居タワービルの主建設契約9千万$(331百万Dh)のテンダーを2017年1月迄に出すと述べた。期限は2月末、建設開始は2017年第2四半期早期で完成は2019年第1四半期を見込んでいるとも述べた。
ドバイの大手不動産業ドバイ・プロパティズは若年及び中間年齢層の労働者を対象とした手頃な価格帯の新住宅プロジェクトを開始すると述べた。新住宅地街はアル・アイン道路沿いでドバイ・モールから車で5分程度の所に位置する。
ドバイ及びクウェート証券取引所登録の不動産会社アル・マザヤは2017年第1四半期にドバイランドのQライン開発で2棟の住居ビル建設主契約をテンダーすると述べた。
ドバイのエマール不動産はメラース・ホールディングとの共同開発・ドバイ・ヒルズ地所11百万平方フィートの中のパークポイントの新住宅プロジェクトを発表した。詳細は明らかにせず中程度のタワーは2019年には完成を期待しているとも述べた。
主要ディベロッパー・ドバイ不動産グループの不動産部門ドバイ不動産はドバイランド・ムダン開発のアラベラII・タウンハウス・プロジェクト・フェーズ1の建設入札を2017年第1四半期迄に行うと述べた。引き渡しは2018年第4四半期の予定。
シャルジャ政府とマジッド・アル・フタイム不動産の合弁シャルジャ・ホールディングはアル・ザヒア住宅団地のマスタープラン見直しに米国のTorti Gallas and Partnersを指名したと述べた。
ドバイ不動産(DP)は2016年10月にブルジ・カリファ地区に建設する住宅プロジェクト7千万$(2億5700万Dh)のベルヴュー・タワーの主建設契約のテンダーを出す模様。建設は2017年第1四半期の早いうちに開始され2019年12月の引き渡し予定。
ドバイ電気水局(DEWA)はモハメッド・ビン・ラシッド住宅設立(MBRHE)と合同プロジェクトの第1フェイズを開始しEtihadエネルギー・サービス会社(ESCO)の協力で500戸のヴィラの電灯を旧来の電球からLED電球に交換する事業を開始した。
クウェートの不動産ディベロッパー・アル・マザヤ(Al Mazaya)ホールディングPJSCはアブダビのアル・リーム島に取得した土地の売却先を探していると述べた。理由は住宅地開発プロジェクトでの合弁先が見つからない為、土地は63千平方フィート、2016年時点75百万Dh(20.44百万$)。
ドバイ壁面建設LLCはミラ不動産の150百万Dh(41百万$)のジュメイラ・ビレッジ・サークル(JVC)内のクリスタル住宅225戸の主建設契約にアワードされたと述べた。2018年4月完成予定。
ドバイのダニューブ不動産は来月アル・フルジャン(Al Furjan)に33階建て住居ビルプロジェクト3億Dh(81百万$)を開始すると述べた。現在許認可待ちで名称、建設者等は明らかにせず工期は30ヵ月とも述べた。
ドバイのディベロッパー・ナキール(Nakheel)は75億Dhのジョベル・アリ・ガーデン・コミュニティ・プロジェクトの設計・建設監督に地場6社を指名した。プロジェクトは42の高層住居ビルを含む4万人規模の住宅コミュニティ建設で入札は2017年第1四半期、完成予定2020年第1四半期。
(同記事)
アブダビのディベロッパー・アルダラ不動産はリーム島シャムス・ミーラ住居プロジェクト1億2千万$の主建設契約に地場の企業をアワードした。プロジェクトは25階建て2棟の住居ビル建設が主でコンサルタントは米Aecom社。
アブダビのディベロッパー・アルダラ不動産はリーム島シャムス・ミーラ住居プロジェクト1億2千万$の主建設契約に地場の企業をアワードした。プロジェクトは25階建て2棟の住居ビル建設が主でコンサルタントは米Aecom社。
ドバイのシャイハニ(Shaikhani)グループはジュメイラ・ヴィレッジ・サークル(JVC)に2億18百万$(8億Dh)の3棟の新住居ビル建設テンダーを9月中旬迄に出すと述べた。
ドバイの不動産開発業アジジ(Azizi)開発はアル・フルジャン、ジョベル・アリ、ドバイ・ヘルスケア市に住居ビル建設プロジェクト用6区画を取得したと述べた。
ドバイのエマール不動産PJSCはドバイ港運河開発で運河境界に2棟の40階以上の住居ビル・プロジェクトを早々に開始し2020年3月引き渡し予定と述べた。
アブダビの観光開発投資会社TDICはサディヤット文化区の最初の宅地開発マムシャ・アル・サディヤット建設は順調に推移していると述べた。同プロジェクトは12億5千万Dhで今年4月サンホセ建設とピヴォットエンジニアリング総合建設の合弁事業がアワードされており2018年第2四半期に引渡し予定。
アブダビの観光開発投資会社TDICはサディヤット・ラグーン区のフェイズ1の授権契約にウェスタン・バイノーナ・グループ(Western Bainoona Group)をアワードしたと述べた。同区はサディヤット島最大の高級住宅地区開発の一環で29,000以上の住人、4,300戸以上の住宅が計画されている。
(同記事)
アブダビの観光開発投資会社(TDIC)はサディアット島開発のゴルフ場及び住宅建設のジャワヘルプロジェクト370百万Dh(101百万$)に地場のアルジャベル・グループをアワードした。
アブダビの観光開発投資会社(TDIC)はサディアット島開発のゴルフ場及び住宅建設のジャワヘルプロジェクト370百万Dh(101百万$)に地場のアルジャベル・グループをアワードした。
アブダビの主要不動産開発投資会社アルダー不動産PJSC(ALDAR)はアル・アインを次の主要拡大市場とみている。都市計画評議会のアル・アイン2030計画によれば今後20年で人口が3倍に伸び住宅需要が拡大するとみている。
ドバイの主開発業エマール不動産PJSCはモハメッド・ビン・ラシッド市(MBR)開発計画の住居プロジェクト、ドバイヒルズ地所の147戸のアカシア棟の非公開限定販売を開始する模様。引き渡しは2018年12月予定。
アブダビのディベロッパー・アルダル不動産PJSCは2016年第3四半期中にリーム島シャムス・アブダビのシャムス・ミーラ住居プロジェクトの主建設契約をアワードする予定と表明した。プロジェクトは26階建てアパートや複数区画のヴィラ建設を含み2018年第3四半期完成予定。
アブダビのトロジャン・ゼネラル・コンストラクティング(TGC)はドバイのエマールプロジェクト第2フェイズのミラオアシスタウンハウス建設10億Dhにアワードされたと述べた。
ドバイのダイアモンド開発社は10 MWの太陽光発電と100%水リサイクルのドバイランド持続可能都市(TSC)にプロジェクトの一環としての住居建設用地を8月迄に購入すると述べた。
ドバイのディベロッパーLimitlessはジョベル・アリの市街Galleriesの2棟の住居タワー227.5百万Dh(62百万$)契約にEastern International LLCをアワードしたと述べた。全プロジェクトの完成は2017年第3四半期を予定しているとも述べた。
アブダビのディベロッパー・アルダール不動産がリーム島Meera Shams開発計画の2タワービル建設に4社からの入札を受理した。タワーは25階建てそれぞれ204戸のアパートを有す。4社はArabian Construction Company (地場/レバノン)、Bam (オランダ)、Ghantoot Group (地場)、Shapoorji Pallonji (インド)。
アブダビ市庁は先週発表された大統領令及び皇太子命令により首長国籍者に対し1,463 戸の住宅と2,432の区画の引き渡しを開始した。
ドバイの建設会社Arabtecは東部のフジャイラに1,100戸の首長国籍者用住宅を建設するとのUAE連邦政府からの17億Dh(4億6,285万$)の契約を得たと表明。建設は早急に開始され完成には2から2年半を要するとの事。
UAE副大統領シェイク・モハメッドがUAE東部地区複数の複合住宅、教育施設等を視察し国内基盤施設省の首長国籍者への5年間50億Dhの住宅支援計画とシェイク・ザイード住宅計画を承認した。又同省の計画する教育施設等の2016年-2017年実施予定の15億Dhの17の新プロジェクトも承認した。
アブダビ首長国市政局(DMA)によれば2015年アブダビの住居の約37%が売却又は賃貸されず空室だった。過去数年需要が供給を上回り売却・賃貸価格は上昇を続けたが2015年は平均5%、高級物件で10%以内に留まった。
不動産サービス会社Astecoによればアブダビの住宅市場は需要減と若干の供給増で鎮静化する見通しだが賃借料の大幅減に直結するかは不明。2016年のアブダビ住宅供給量は 3,000戸のアパートと850戸のビラ追加が見込まれ昨年の2,000戸のアパートとビラ追加に比し増加の模様。
ドバイの開発会社ドバイ不動産がマリーナ地区の1/ JBR(Jumeirah Beach Residence)に建築予定の高層ビルの高級住居を各市場で売り出すと述べた。計画は昨年9月に発表され2019年早期に完成予定、僅か152戸に限定の2から5部屋の高級住居となる。
アブダビ最大手の不動産開発会社Aldar Propertiesがヤス島西部の住宅開発で1,017軒の高級ビラ建設20億Dh(545百万$)に地場ドバイのアラブティック建設Arabtec Constructionをアワードした。引き渡しは2017年末予定。
UAEの開発会社Bloom Holdingがアブダビ開発の一環サディアット島マリーナ地区の住宅開発に地場のGulf Foundationを指名した。Foundationは業務を本年4月頃完了し建設については第2四半期にテンダーされる模様。
UAE大統領シェイク・カリファの指示によりアブダビ皇太子シェイク・モハメッドは受益者1,202人に対する24億Dhの住宅ローン実施を承認した。
ドバイの開発会社Nakheelが3社の建設会社と合計24億Dh(653.49百万$)の住宅及び小売店舗等のビル建設契約を締結したと発表。
アブダビの開発会社Aldar Propertiesがヤス島ビラのスキームを発表した。完成は2017年予定。
アブダビの不動産開発会社Aldar Propertiesがヤス島マングローブのビラの住宅販売を開始した。4-5ベッドルーム住宅1,017戸で価格は首長国籍市民向けに4百万Dhから。
アブダビ市庁Abu Dhabi Municipality (ADM)が今後20年間で公共の照明を環境対応のLEDライトに交換するプロジェクトを開始すると発表。60~75%の経費節減、75%の二酸化炭素排出減、等。
ドバイの不動産開発会社Nshamaは地域の建設会社UNITED ENGINEERING CONSTRUCTION L.L.C.(UNEC)とTown Squareに2つのアパートメント複合施設建設の提携契約を締結したと発表。
ADNOCのルワイスQusahwira地区の約3億Dh規模の住宅複合施設建設に2014年アワードされていたAl Shafar General Contracting Company (ASGC)がプロジェクトは予定通り2016年に完成すると発表。
米国の不動産会社CBREのレポートによるとアブダビでの賃貸料は2015年第一四半期は若干の上昇を見せたが、油価低迷により2015年後半から2016年にかけて下降すると見ている。
米国の不動産会社CBREのglobal real estate reportによれば中東地区の不動産投資が2014年は13%減の142億$に落ちたとしている。これは物件へのアクセス難と油価低迷が原因と考えられこの傾向は2015年も継続すると見ている。
アブダビの不動産会社Astecoによれば2015年の賃借料は5%以上上昇する模様、2014年は10%の上昇率だった。最近の2ベッドルーム家屋の賃料は175千DH~180千DH/年、安い物件でも90千~120千DH/年となっている。
■Reem島の不動産価格はアブダビで最大の上昇率を示し中程度のマンションで7-9月に6%アップしている。アブダビ全体では1-9月の賃貸料は2.7%上がっている。
昨年末に賃料アップの5%枠(rent cap)が撤廃されて以来アブダビ市内中心部の不動産価格は上昇傾向にあり、Al Muroor及びAlKhalidiya地区の賃料はそれぞれ23%及び21%アップしている。Rent cap制度は2006年に導入、2010年に5%と定められたが昨年11月に撤廃された。
■昨年末に賃料アップの5%枠(rent cap)が撤廃されて以来アブダビ市内中心部の不動産価格は上昇傾向にあり、Al Muroor及びAlKhalidiya地区の賃料はそれぞれ23%及び21%アップしている。Rent cap制度は2006年に導入、2010年に5%と定められたが昨年11月に撤廃された。
Al Jaber GroupはAdnoc(アブダビ国営石油)から同社の社宅1,920戸を25.7億ディルハムで受注した。アブダビから240KM離れたRuwais地区に住むAdnoc従業員のための社宅で2年以内に完成の予定。負債45億ドルを抱えると言われるAl Jaberは6月に銀行団と返済計画に同意している。
Al Jaber GroupはAdnoc(アブダビ国営石油)から同社の社宅1,920戸を25.7億ディルハムで受注した。アブダビから240KM離れたRuwais地区に住むAdnoc従業員のための社宅で2年以内に完成の予定。負債45億ドルを抱えると言われるAl Jaberは6月に銀行団と返済計画に同意している。
■Al Jaber GroupはAdnoc(アブダビ国営石油)から同社の社宅1,920戸を25.7億ディルハムで受注した。アブダビから240KM離れたRuwais地区に住むAdnoc従業員のための社宅で2年以内に完成の予定。負債45億ドルを抱えると言われるAl Jaberは6月に銀行団と返済計画に同意している。
不動産開発のAldar社はReem島に1年前に完成した3,533戸の賃貸物件Gate & Arc Towersが満室になったと発表した。アブダビ・ゴルフ場そばのAl Rayanna住宅施設も6ヶ月後の今年初めには全戸契約済となっている。
不動産開発のAldar社はReem島に1年前に完成した3,533戸の賃貸物件Gate & Arc Towersが満室になったと発表した。アブダビ・ゴルフ場そばのAl Rayanna住宅施設も6ヶ月後の今年初めには全戸契約済となっている。
■不動産開発のAldar社はReem島に1年前に完成した3,533戸の賃貸物件Gate & Arc Towersが満室になったと発表した。アブダビ・ゴルフ場そばのAl Rayanna住宅施設も6ヶ月後の今年初めには全戸契約済となっている。
■香港の不動産開発企業Smartwill Asia社はUAEの不動産事業に参入、Al Reem島に10階建ての賃貸マンションを建設、全戸を完売した。Reem Diamond Residenceは48戸で月額賃料は10万から21万ディルハム。Smartwill Asiaは上場企業Chun Wo開発ホールディングの子会社である。
■アブダビ最大の不動産企業で政府が過半の株式を保有するAldar社は3-4ヶ月以内にいくつかの新規案件を立ち上げると言われている。同社は2010年に政府から100億ドルの支援を受け、その後ライバルのSorouh不動産と合併、最近の市況好転で業績は劇的に回復している。
■Saadiyat島の住宅開発プロジェクトSaadiyat Walk第1期は1平方フィート2,000ディルハムと言う高値にもかかわらず、2日間の売り出し期間中に完売した。販売業者のAsteco社はSaadiyat Walkのような高級物件の需要は引き続き強いと見ている。
<住宅> 2014/9/22 ■観光開発公社(TDIC)はSaadiyat島に100戸の高級別荘住宅を計画している。アブダビの高級別荘住宅は中古物件でも1平方フィート当たり1,850ディルハムであり、TDICは新築物件をこれより高い価格で販売できると期待している。アブダビではゴルフコース付きの大型高級別荘地の需要がある。
■不動産市場調査会社JLL社によれば、アブダビの住宅価格は6四半期期連続で上昇しており今年第二四半期は7%アップであった。Reem島他で新たに1,750戸が完成、流通在庫は約24万戸となっている。販売価格は今年上半期で17%の値上がりであり、賃料も寝室2部屋の物件で年率15%、3寝室の物件は6%の上昇である。アブダビでは最近賃料値上げ幅に対する制限を撤廃したことにより賃貸料がアップしている。
■不動産市場調査会社JLL社によれば、アブダビの住宅価格は6四半期期連続で上昇しており今年第二四半期は7%アップであった。Reem島他で新たに1,750戸が完成、流通在庫は約24万戸となっている。販売価格は今年上半期で17%の値上がりであり、賃料も寝室2部屋の物件で年率15%、3寝室の物件は6%の上昇である。アブダビでは最近賃料値上げ幅に対する制限を撤廃したことにより賃貸料がアップしている。
■不動産サービス業Asteco社の第2四半期レポートによれば、アブダビの賃料は値上げ率の上限を5%とする方針が撤廃されて以降、上昇率は持続可能な程度に下がっている。Mohammed Bin Zayed CityやKhalifa Cityの最安物件は最低年間賃料が4万ディルハムであり、四半期ベースで3%、年率12%の上昇を示している。第2四半期で7%という最も高い上昇率を示したアブダビ中心部のアパートの賃料は寝室2部屋で年額7万から10万ディルハム、3寝室で9万から14.5万ディルハムである。
■アブダビには外国人労働者用居住施設(キャンプ)が30か所あり、延べ数十万人を収容している。その一つMussaffahのInternational City Abu Dhabi(ICAD)は3年前に建設され、工場やホテルで働く約26,000人が居住している。アブダビの外国人労働者は30万人と言われるが、正確な人数は不明。UAE全体ではインド人約220万人、パキスタン人125万人、バングラデシュ人70万人が居住していると見られる。